医療法人社団 顕修会 顕修会すずらん病院

文字サイズ

image

外来診療のご案内

採用情報

  • サンカトレアのご案内
  • 地域連携室のご案内
  • 看護部紹介

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリテーションは、能力低下やその状態を改善し、障害者の社会的統合を達成する為のあらゆる手段を含んでいる。 リハビリテーションは障害者が環境に適応する為の訓練を行うばかりでなく、社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加える事も目的とする。

WHO(世界保健機関)による定義 1981年

 

イメージ

理学療法とは

身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加える事

「理学療法士及び作業療法士法」 第2条

当院における理学療法

当院救では、整形外科術後や循環器疾患の発症直後など、入院早期より医師の指示の下で理学療法を開始しております。

早期より離床・理学療法を開始する事により二次障害の予防、身体機能の治療、基本動作の獲得を目指し、出来るだけ早期に在宅復帰が可能となるように日々心がけております。毎週、医師・看護師など関係スタッフとカンファレンスを実施しており連携を図れるよう努めております。(整形外科、循環器ともに)

当院は地域に根差した医療を目指しており、リハビリテーションの理念に基づいて家屋訪問や在宅関連職種との連携を積極的に行っています。また外来リハビリや訪問リハビリも実施しています。

 

摂食嚥下リハビリテーション

リハビリを効率よく進めるために、近年リハビリテーション栄養という意識が高まっております。

手術後や肺炎後などをきたすと食欲低下や絶食により嚥下(飲み込む力)が弱くなってしまう事があります。

当院では言語聴覚士(ST)が摂食嚥下障害に対する評価・リハビリテーションを実施しています。

病態に応じて嚥下造影検査(VF)、嚥下内視鏡検査(VE)を実施し、より詳細な評価を行っております。

しっかりと口から食事を摂取し栄養状態の改善、リハビリの効果を高めるためにチームで協力しています。

 

リハビリスタッフ

リハビリテーション科スタッフはPT9名常勤ST1名、非常勤OT1名(男5名、女6名)が在籍しています。

 

勉強会の開催

1mig (毎月第2水曜日 19時~)

一歩ずつ療法士として成長するために年間テーマを決めて月に1回勉強会を院内で開催しています(毎月第2水曜日 19時~)

 SBS       勉強会風景

 

「食」を支える会 (偶数月 第3木曜日 19時~)

地域における嚥下障害者を支える病院、施設、在宅に携わる医療職・介護職の方々と顔の見える関係作りを行える場として発足しました。

勉強会の内容としては各専門職種による研修、疑問点の共有、症例検討を行っております。

誰でも参加出来ますので興味があればお気軽にお声掛けください♪

連絡先:078-591-6776 リハビリテーション科 金田大輔(言語聴覚士)

 食を支える会   食を支える会2

 

健康教室の開催

地域のフレイル予防にも力をいれています!

フレイルに対して、腰痛予防、転倒予防についてなどの健康教室の開催や体力測定の実施も行っています!

 いきいき7.2    いきいき7

 

外来リハビリテーションについて

骨折後や変形性関節症、肩関節周囲炎など外来通院中の患者様を対象に医師の指示の下で行っています。

運動療法は担当理学療法士が20分間行います。

関節可動域、筋力、動作能力の改善を目的とした運動療法を行っております。

外来リハビリテーション

完全予約制

リハビリテーション室受付時間 9:00~12:00(月曜~土曜)

               14:00~16:30(月曜~金曜)

予約変更について

当日午前の電話・・・当日午後の予約より可能

当日午後の電話・・・翌日の予約より可能

 

 

施設基準

運動器リハビリテーション Ⅰ

心大血管リハビリテーション Ⅰ

呼吸器リハビリテーション Ⅰ

脳血管疾患リハビリテーション Ⅲ